Patch4.45がやってきたとさ。

ffxiv_20181106_191752.png

Patch4.45が11月6日に実装して、
禁断の地エウレカ「ピューロス編」とかヒルディの続きとか実装されたんですが、
ピューロスは初日に突撃してきました。

今回はエウレカが来る都度、体調不良だの骨折だので、
一ヶ月近くログインできない目にあってきたうちのFCマスターのルナコさんは、
FCの人にエウレカ実装近くなってきて「気をつけろ」と散々言われてたのですが、
今度は大丈夫だったので、
元気いっぱいでピューロスでは大暴れしています。

ffxiv_20181106_195657.png

現地到着して、まず思ったのは、「クリスマス」だなあ・・・・と。
世間一般ではもうすぐクリスマスムードなんですけどね。
ピューロス編で空に星っぽいのが浮いていて、
これが自分はクリスマス感がある気がするのかもです。

あと、思ってたよりも、サクサクとレベルが上がっていく・・・
NM発生頻度も割と高いし、アネモス編寄りの作りなのかな?
パゴス編は本当に脳死状態だったので・・・。

個人的に、新規の人と一緒に遊ぶことができないフィールドなのが、
ちょっとだけ寂しい要素。
シナリオの進み段階で行く人が限られちゃうっていう制約の多いのは以前からなのですが、
理解はしていても寂しいです。

ffxiv_20181106_223708.png

そして、ピューロス編で実装したシステム「ロゴスアクション」。
これは割と面白いシステムで、擬似的にタンクみたいな真似ができたり、
蘇生魔法の使えいないジョブが蘇生魔法を使えるようになったりなんていう物。
ロゴスシャードを鑑定して出てくるものを抽出してから使うんですが、
これが割と便利。
私はクエストをこなすために、危険なところに行くときに、
リレイズ効果のある『英傑の記憶』を使いながら行ってました。

ちなみに実装初日のハイライトですが・・・
自分はフレンドさんとパーティー組みながら突撃していったんですが、
スプライト見かけて皆目の色が変わって「ガチャは悪い文明!」とか、
目の色変えて群がってました(凄いパワフルでした・・・)。

染色紹介アドベンチャラーバッグ

パゴス編のロックボックスを開けたら、家具を拾いました。
「アドベンチャラーバッグ」。
染色可能で、上が通常、下がロータスピンクで染色したもの。
人気が出そうな家具です。
他にもパゴス編のロックボックスから家具が出るそうなので、
集めることができたらいいなと思います。

最近の実装家具は、以前と比べると実用性の高いものやリアリティのあるものが多いな、
という感じがします。
ハウジングコーディネイトがしやすいものが多い感じがするので、
こういうのどんどん増えると嬉しいな。

ffxiv_20181107_083319.png

事件屋は相変わらず。
ヒルディも相変わらず。
演出なんかにハゲネタが昭和を感じさせるコメディタッチなんで好きです。
戦闘は一切ないので、さくっと終わりました。
特に頭をひねる要素もないので、コメディ・ドラマ見てる気分でシナリオ進めることできるんで、
気軽でいいです。
まだ紅蓮編の事件屋は終わりではないので、続きが楽しみ。
次はいつかなー?


スポンサーリンク

Tag:エウレカ ピューロス 事件屋 家具