PCモニターを買い替えたお話とか。

IMG_2916.png

モニター買い替えました。
I-O Dataさんから、ASUSさんへ。
今まで使っていたI-ODataさんのモニターは10年選手だったんで、
もういい加減買い換えるかーと。
壊れてないんだけど、東日本大震災の時に倒れてしまって、液晶のど真ん中付近に、
ちょっと傷ができててくらいだったし、まだ使えるんだけどね。

平成も終わるし、Windows7もサポート終わりますし、良い節目なんじゃない?
(来年だと、Windowsサポートの関係で、パーツの金額の変動が慌ただしくなりそうな感じがしたし)

というわけで、購入したのはこちら。



PC周りもモニターも、なんですが割と選ぶ判断基準が・・・

○コストパフォーマンス
○使用用途に対してオーバースペック気味ではないか?


この2つあたりになってるんですが、
値段的に見てもサイズ的に見てもこのあたりが程よい感じで。

なにかこだわりがーという部分が、自分の利用用途内容を見ることになっちゃうんだけど、
自分がネットゲームで遊んだり、AmazonPRIMEでの動画視聴で利用する範疇では、
十分すぎるスペックです。
フレッシュレートやFPSにこだわるなら、ASUSならROGシリーズとかなんだろうけど、
そこまではちょっとって感じで。

このモニターは調べてみたら、だいたいお値段は1万5千円~2万円弱ぐらいの間で行き来しているみたいです。
ちなみに自分は1万5千円ちょいくらいでした。

ちなみに自分はASUSが推しなんですが、
理由といえば東日本大震災でASUSが日本の一日でも早い復興を願って「GOD BLESS JAPAN」とマザーボードに刻印してくれたこと。
多少なりとも自分は被災しているので、コレが本当に嬉しいお話だったんです。
あのときは本当に毎日が怖かった・・・。
(ちなみに余談ですが被災の規模がどれくらいだったかというと、ライフラインが2週間ぐらいまともに使えず、
幾つかの家屋が倒壊して毎日余震がある都度に上から屋根瓦が降ってくるとか、道路がボコボコになってしまうとか)

んで。
買い直してからやってたことなんですが・・・

ffxiv_20181010_181428.png

サイズは21型から24型になったことで、環境がずいぶん変わりました(物理的に)。
購入時にサイズチェックをしていたものの、
実際に設置して体感してみるとずいぶん変わりますね。
思ったより大きくて、設置時に軽かった。
あとは地震が多い地域なんで、いざという時に倒れてしまわないように、
ベルトとかで調整固定する予定です。

他に、モニターが大きくなって良くなったことの一つとして、HUDまわりに余裕ができたこと。
まだまだ調整が必要なことが多いんですが、
とりあえず色々なものがもっとクリアーに見えるようになって、
FF14がすごくきれいだなあ・・・って思うこと増えました。
光の陰影のきれいなIDにこもって撮影のために引きこもりたくなります。

そうそう。
PC作った時にメモリが8G二枚刺しの16Gだったのが、初期不良メモリが1枚出てて、
8Gのままで使ってたんですよ。
無償修理いけるんですが、メモリ2枚とも返却しなきゃいけない、さらに1ヶ月ぐらいな状態で、
1ヶ月もPC使えないと困るんでずーっと8Gのまま起動してたんですが・・・
でもやはり最低16G欲しいなあとか、ブラウザー他、ソフトウェアを起動させてて思うこと増えたので、
同じメーカーの同じ型のものを買いました。
色々ストレスが改善されたので、スッキリしました。

にしても。
8G×2で16G購入のメモリ。2枚セットの販売なら壊れた時とかはセットで買うと、
セットで返却しなきゃいけないとかいうデメリットが発生。
バラで同じものを2つ買うっていうのも手段だけど、片方壊れたときは片方だけでいいというのもあるし、
だけどロットの関係が気になる・・・。
選択肢は悩みます(メモリの特性上の問題もありますし、できればセットが理想なんだろうけど)。


スポンサーリンク

Tag:ゲーミングモニター