なんとかパゴス武器が出来上がった話と極朱雀。

ffxiv_20180929_175007.png

ちょい前の話になりますが、
2018年9月29日に俗に言うパゴス武器「エウレカウェポン:エレメンタルコーデックス」
が出来上がりました。

なんていうか、出来上がった感想は・・・

「9月中になんとかできた」

でした。

下手すると途中放棄してしまうかもな気持ちも多少なきにしもあらずだったんですが、
実装当初はマゾかったゾディアックウェポンも必死に作り上げたんですが、
今回ばかりは「無理かもなあ・・・」なんて、少しそんな気にはなってました。
なんでかと言えば、たぶん自分的な理由は・・・

「アネモスと違って、パゴスのMNのFateの発生頻度が低いので、
気軽にレベル帯違う友達を誘って行きづらい」

っていうのが最大の理由だったのかなって思います。
アネモスは友達とお祭り状態でFate走り回る”運動会的”なムードだったんで、
気軽に行けるし誘えるっていうメリットが大きく作用してたんじゃないかと思うのです。

ELv1桁台のフレンドさんがDPSでLv16のNMモンスターを殴って、
LB打ち込んだと思ったら一瞬でHP奪われて。

「聞いてくれ!俺のリミットブレイクがダメージ16しか入ってなかった!」

とか、ひっくり返りながらみんなで大笑いしている間に、エレメンタルレベルのカンスト組も、
レベリング中組の人も、アネモス編ではWin-Winの関係を楽しく保ちながら遊べてたのが、
自分の中ではとても大きく働いていたのでした。

ffxiv_20180929_175104.png

とりあえず出来上がった装備品。
メインジョブにあるにもかかわらず、実戦に使うことなくアーマリーチェストに。
今までゲロルド武器(ZWもAWも)は、
ちゃんと実戦投入するタイミングの時期に出来上がってて、
出来上がったのは嬉しいのだけど、ちょっと奇妙な気分です。
(やる気力の問題も夏バテだったっていうのも左右してしまったっていうのがすごく大きいのもあったけど)

次のピューロス編まで、パゴス武器はお蔵入りかなとか思ってたんですが、
最後まで助けてくれたルナコさんには、
「せっかく作ったし、せめてミラプリだけでもするといいよ!」という助言を受けて、
「そういえばそうだね」と新式の「羅刹文書」にミラプリ。
ルナコさん助けてくれてありがとう。

だがしかし。

ffxiv_20180923_215934.png

身内で行く極朱雀のドロップ運が超絶よくて、
10回も集会しないうちに朱雀本が出てそちらを使うことに。
パゴス武器にミラプリしようかな。

さらに身内で行く極朱雀のドロップ運が良くて、
割と誰か何かお土産をもらってるという感じでした。

ffxiv_20180930_225051.png

ゆーちゃん、朱雀ワンコおめでとう!


スポンサーリンク

Tag:エウレカウェポン