家はエンドレスな零式コンテンツだと思う。

ffxiv_20180221_213137.png

それぞれの家が建築ラッシュということもあって、
みんなそろっていじり始めているという昨夜。
ハウジングは本当にエンドレスで、零式コンテンツだと思う。

シロガネに建てられたルナコさん家。
ルナコさんのイメージは・・・
「フロアは鹿鳴館みたいな感じで、2Fは修学旅行で、地下は宴会会場」
というコンセプトだそう。

というわけで、2Fに突撃。

ffxiv_20180221_214622.png

この布団の圧倒的パワーが素敵です。

「”投げる”のエモートで、雪原で雪玉を投げたような文字変わるように、枕を投げたってならないかな」

なんて、みんなで話してました。

ffxiv_20180221_215014.png

「就寝時間ですよー!」
「遊んでないで寝なさいー」

そんなシュチュエーション。
灯籠の明かりが綺麗。
消灯時間になっても目が覚めてることのほうが多いんだよね。

ffxiv_20180221_215934.png

ルナコさん宅に作られたしろちゃんの仕事場スペース。

ffxiv_20180221_220149.png

しろちゃん、手持ちの何かを飲んで、踊り始めちゃいました。
ルナコさんの無茶振りに毎回答えては、
「このくらい出来なくてどうしますか」レベルでやり遂げちゃうしろちゃんなんだけど、
この仕事量はちょっと・・・。
書類終わった頃に、しおれてそう・・・。
うちのFCのブラックぶりがなんだか分かる一面。

ffxiv_20180221_225505.png

その後、あるちゃん家にて。
みんなで橋からジャンプしたり、屋根の上に登れないかと、
ずーっとやってました。
もしかしたら2時間ぐらい?もっとかな?遊んでたかも。

ffxiv_20180221_230907.png

私は指輪パワーで先にルナコさんに引っ張り上げてもらう感じで。
屋根から見た景色は、FCハウスの屋根から見る景色よりも、
空に近い感じがしました。

しろちゃんに聞いたんだけど、「零式とこっち、どっちが難しい?」って。
「こっちのがダントツで難しい!」
とお返事をいただきました。

忍者の技を駆使して這い上がる屋根は、タイミングとか調整とか感覚とか諸々研ぎ澄ましてたし。
でも、ハウジングってほんと色々遊べる要素増えますねえ。
色々見てるだけでも楽しい。


スポンサーリンク

Tag:ハウジング