ヴァレンティオンのお返しは。

ffxiv_20180215_120624.png

毎年、女子力の高い方々から、バレンタインとなると「ザッハトルテ」とか、
デザート系のアイテムを頂いていたりします。
本当に有難うございます。

というわけで、毎年、お返事を考えるのがとても楽しみです。

自分の場合は、ホワイトデーにお返事をしてしまうのではなくて、
忘れそうなので即時でお返事わたしてしまうんですよねー・・・
癖というかなんというか。

予定とかに書き込めよ!とかも思うのですが、
「早くお返事出したい!」
という衝動があったりして。

今年は、Patch当たって直後ということもあって、
クラフター作成で良さそうなものが沢山あったりします。
特に今回のPatchはおしゃれアイテムも増えましたしね。

ffxiv_20180215_132309.png

個人的にお返しとしてお気に入りなのが、オーナメント類です。
お花の髪飾り(コサージュ)とか、手首の飾り(リストレット)などなど。
今回実装したのは、チューリップ(レッド)のオーナメントですが、
Lv66錬金術師の作成物です。

ちなみに他のオーナメント類も材料も・・・

・該当の花(チューリップ とか、オールドローズとか、パンジーとか)
・熊脂
・ドラヴァニア天然水

と、比較的入手しやすく、お手頃。

所持状況がわかっている場合は、
ミニオンやチョコボ装甲もプレゼント出来たりすると思うし、
プレゼントは考えるのって楽しいですね。

バレンタインがらみになりますが、相方がいる方には、
埋めていなければ一緒に出かける先として、
探検手帳名所巡り等も良いなと思っていたりします。

新生編は時間や天候に左右されるというマゾ仕様なんですが、
蒼天編は行きやすい上に、埋めやすいのでオススメ。
(確かLv50以上のジョブならば、経験値ももらえたような?)
探検手帳を埋めると、その箇所にはちゃんと説明文も記載されているので、
ほんとうにちゃんと観光している気分になれます。

ffxiv_20180215_125630.png

手帳を埋めていれば、
イディルシャイアの速筆の画家(シロ・アリアポーちゃんの近くにいる)から絵を買うことも出来ます。
思い入れのある一枚絵をプレゼントとか、
ちょっといいんでない?

クリスマスやバレンタインデーもそうですが、
個人的にはいつも一緒に居てくれる相方さん、
自分を支えてくれる友達への感謝の気持ちを伝える有り難い一日だと考えています。

いつもありがとう、ってそれは毎日なんですけれど、
感謝を伝える機会って自分でどんどん作っていかないと出来ないことなので、
こういう時は特に「ありがとう」を伝えられる良いきっかけの一日なんじゃないかって思ってます。


スポンサーリンク

Tag:2/14