最近の私の植木鉢事情。チューリップオーナメントとか。

ffxiv_20180207_124238.png

最近、自分の植木鉢が活発に動いています。
多分、ここ最近ではなかったほどに。

理由といえば・・・

・新しいお花
・ヴォイドマンドレイク

なわけです。



ffxiv_20180208_090928.png

飾ってるだけじゃ物足りなくて、錬金術師でチューリップオーナメント「レッド」を作ってみました。
従来のお花のオーナメントとは違って、今度は手首向けの飾り。
これはちょっと新鮮でした。
てっきり頭の花飾りになるのかな?
なんてずっと思っていたので。
これは普段使いの他に、贈り物なんかにも喜ばれそうです。
ちょうど贈り物の多くなる季節ですしねえ。

ffxiv_20180208_085037.png

オーナメントにして初めてわかったこと。
ブライトリリー「レッド」は髪飾りにしたら、赤色ではなくて、ピンク色に近いということ。
ルナコさんが「彼岸花みたいに真っ赤だと思ってた」とか驚いていました。

そのうちお花を使ったアクセサリーなんかも作れるようになったら、面白そうですね。
例えばピーチブロッサムイアリングのようなデザインのような。
案外、イアリングは自分的には気になるアイテムの1つです。
(ミコッテだけに、耳の目立つ種族なので・・・)

ffxiv_20180208_083842.png

これはヴォイドマンドレイク。
育ちきって収穫できる状態になっています。
収穫量アップの砂(シュラウドソイルG3)を使っています。

で。
なんでヴォイドマンドレイクを育てて使っているかというと・・・。

ffxiv_20180207_133742.png

ハウジングエリアで、潜水艇パーツ作成のためのダークスチールインゴットとかの材料である「闇鉄鋼」が交換できるから、
育ててるわけです、
他にも湯水のように使う「コバルトインゴット」の材料の鏡鉄鋼や、
シャーク級潜水艇なら、金鉱がローズゴールドインゴットを作成するためのローズゴールドナゲットの材料にもなるし、
色々交換要素はあったりする。

ただし、レートは大変微妙です(大汗
シュラウドソイルG3使う必要性があるのか謎なレベル(笑。

鏡鉄鋼は採掘で現場に引きこもることが可能なわけだけど、
私は自分でも採掘で掘ることが可能なのですが、
一日中採掘現場に引きこもるわけにも行かず。

さらには「闇鉄鋼」は未知採集なので、取れる時間も限られるわけで。
ほんの少しでも闇鉄鋼を貰うためのヴォイドマンドレイクという感じです。
植木鉢に植えてほったらかしておけば勝手に一日で育ってしまうんで、
便利っちゃ便利なんですけどねー。


スポンサーリンク

Tag:植木鉢 オーナメント