[週間占い]2018年1月30日~2月5日迄

201813020180205.png

■免責事項。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」とことわざにもありますが、
「ふーん」位の感覚で読んでいただければと思います。
利用しているのはタロットではなく、ルーン。
ルーンは文字から得られる解釈がわりと多いので、イメージを中心として記述してあります。
占いに関しては、こちらは一切の責任を保証はいたしません。
結果に関して、自己責任でお願いします。
つまり、何かあっても苦情は受け付けないよ、ということです。


というわけで、続きが気になる人は、先を読み進めてください。


全体のイメージ「コミュニケーション構築」

1月生まれ
■「保持と安寧」

「安らぎ」がテーマ。
新パッチが当たって、日頃の行動が一旦激しく動く時。
こんな時だからこそ、ふとしたキッカケで安らぎを覚えるもの。
その覚えた安らぎこそ、普段いつも通りにあったもので、見落としていたものです。
拾い上げて、大切に。

また気持ちが激しくヤル気や情熱に満ち溢れる時。
新しいPatchが当たって、何か新しいことを始めようとするには、
とても最適な時期です。
閃きやカンがが冴えていたりして、
生まれてきたポジティブな気持ちを後ろからさらに後押ししてくれそうです。

環境の変化に、周囲が動き出します。
停滞していたものも、じわじわと雪解けた川のように動き始めます。
変化の激しい時期なので、それに合わせて情報量も増えていくので、
誤った情報に惑わされないよう、気をつけましょう。


2月生まれ
■「環境への順応」

性質は水のような状態。
新しい環境に身を置くような方は、
クリアな気持ちで変化に対応できるスタートを切ることが出来るでしょう。

物事の開始のために、半年から一年単位で計画を練り始める時です。
結果がなかなかでなくて焦りがちになっても、
こつこつと続けてきたことはやがては収穫へとつながります。

喧嘩をしてしまった方や、気まずくなってしまうような方は、
関係修復のチャンスが訪れる時です。
自分の強引さがトリガーで、
気づけば一人孤立奮闘していたということに気づくはず。
素直な気持ちを相手に伝えてみることも肝心です。


3月生まれ
■「小舟のような速度で」

早くもなく、遅くもなく、小回りがきく。
新Patch開始時は、色々細々と動き回るようになりそう。
まさしく、緩やかな川を進む小舟のようなイメージで。

新しいPatchで情報伝達の速度は加速するのは当たり前で、
だからこそのコミュニケーションを大切に。
自分の得られる速度と、他の人の受け取る速度は違います。
言葉のぶつけ合いの喧嘩にならないように、注意が必要です。
お互いの心の荷物は、お互いが持ち合って寄り添い合って。

同じ目標をもつ仲間同士でお互いに相手の良さに気づく時。
切磋琢磨する仲間同士で、いい関係が作れそうです。
お互いの苦手部分をフォローしあってみましょう。


4月生まれ
■「二人三脚、大縄跳び」

成長期。
そしてそこから見守る側へとシフトチェンジしていく流れ。
攻略事初挑戦の方は、先輩プレイヤーの意見に耳を傾けてみて。
言葉を投げかける側は、慈父慈母の気持ちを持って。

育つというのは、なんであれ大変なもの。
試練や苦難といったものが待ち受けている、
なんていうことが気持ちに重くのしかかってきますが、
先輩後輩の関係にバランスが取れていれば、
そういった気持ちからの解放に一助すると思うのです。

阿吽の呼吸。
というものを体感できる時。
相棒、パートナー、相方、先輩後輩、夫婦、兄弟、
様々な形がありますが、
それぞれの形に信頼という言葉が紐付いていて、
それら言葉を体感できると思います。


5月生まれ
■「温故知新」

ビックリするほどめまぐるしい毎日を送ることになっても、
その早いサイクルは実は、
「古いものから学んでいたこと」「繰り返していたこと」が助けになっていた、
なんていうことも。
すでに学んでいたことのある経験や知識や、
昔あった方法が役立った、なんていうことがありそうです。

対人関係等で迷った時や悩んだ時は、
昔からのプレイヤーさんや、年上の人の意見を参考にすると、
「なぁんだ、そんなことだったんだ」なんて心の荷物が軽くなりそうです。

古い知識が新しいものを変革していく、
意識を変換させるトリガーになる。
その結果、曖昧なヴィジョンだった目標が安定してくる、
定まるということも。


6月生まれ
■「眼の前の一つのことに集中すること」

やること多くて、あれもこれも手を出してしまいがちに。
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、となってくると、
一朝一夕にこなつのは難しくなってきます。
長い目線で考えて、ノンビリと事を構えるくらいの気持ちの余裕を持って。

今日は「これくらいやって」「明日はこれくらい」と、
自分のキャパシティーが溢れてしまうことのないように、
優しいソフトな計画を練り上げて、イメージしながら、
色々取り組んでいくと良さそうです。
もし目標や計画に「苦痛」が付きまとうようであれば、
もう一度計画の見直しの必要性が出てくると思います。

きついなあ、と思ったならば、人と相談することで、
気持ちの整理整頓ができるはず。
会話をすることで、余計な考えを削ぎ落とすことで、
目の前の目標に集中することができるようになると思います。


7月生まれ
■「自分で自分を育て上げる」

Patch明けはとても濃密な時間の中にいるような状態で、
気がつけば一日終わっていた・・・
なんていう常軌に。
そういった忙しさは、毎日が同じような繰り返しに近い状態ですが、
メンタル的には充実していて、
「特に疲れたなんて言うことを感じる」こともなく、
淡々とこなしていくような状態。
忙殺、というよりは、「適度に忙しい」という感じで、
毎日が充実しそうです。

そうした行動も精神も充実の中で、
沢山の自分の成長を促す「種」のようなものが、
所々に点在していて、それらを見つけ出して、育て上げる自分が、
いつの間にか居そうです。
「自分で自分を育て上げる」には、どうすればいいか?
自分の内面と向き合って、自分磨きの日々を送るようにもなりそうです。


8月生まれ
■「心のメリハリ」

水は動けば流れを生み出す。
そのように、世の中は水のようであるべきで、
停滞していては、様々なものが濁ってきます。

今までちょっと上手く行かないことがあって「一休み」していた方は、
そのまま「やめる」のではなくて、あえて「新しいことを始める」ことで、
気持ちの掃除ができそうです。
そのときには原点回帰の気持ちでいると、
物事が色々新しいものに見えて来て、
清々しい気持ちでいることができそうです。

そこで次の目標に向けての「準備期間」を作ってみて。
短期でも長期的でも、
段階を踏んで、生活にメリハリが出来てくると思います。

小さなカレンダーに、ちょこちょこっと何かを書き込んで見る癖を付けてみる、
なんていうところから初めてみると良いかもしれません。


■9月生まれ
「守りから攻めへの転換期」

今まで「ちょっと無理」の気持ちから、色々避けていたことが、
「大丈夫!余裕!」なんてパワフルに行動できそうな時。
自分自身がとても気力に満ちていて、
なんでもできそう、そんな予感もあって行動に勢いやパワーが伴っています。

そのせいか、周りの助言という手綱まで引きちぎってしまう勢いで、
物事を進めてしまいそう。
気付けば、周囲からはぐれてしまって孤立奮闘していた、
その結果「倒れてしまった」ということがないように気をつけて。

本当に力や余裕のある時は、そのリソースを他に割くことが可能です。
弱っている方、困っている方がいないか、
そういった方にそっと手を差し伸べる頃が出来るくらい、
パワーに余裕が出る一週間になりそうです。


■10月生まれ
「橋をかけるために」

何かを初めた、環境が新しくなった方は、
信頼関係構築のための奔走から始まります。

攻略事でも、周りの信頼関係が必要となってきますが、
その信頼が作り上がるまでの過程は、「自分と向き合うこと」と、
他社の心に掛ける信頼の架け橋を作り上げる過程の旅になります。

信頼関係が片方だけでは、一方通行となってとても重たいもの、
いわゆる「片思い」になってしまうので、慌てすぎず急ぎすぎず、
じっくりと腰を据えて取り掛かってみるくらいの気持ちで。
コミュニケーションの過程において、強引にならないよう注意。

わりと直感の働く時期だったりもするので、案外勢いにまかせてみたら、
上手く行かなかったことも上手く行ったなんていうこともあるので、
「ダメそうだな」と思ったら、思い切った踏み込む一歩が、
結果を生み出した・・・なんてことになりそうです。


■11月生まれ
「予期せぬ贈り物」

いわゆる「予期してなかったり」みたいなものが、
いきなり降って湧いて出そう。、
それでもどうか「悪いことと」と思わず、慌てずに。

自分の立ち位置のズレからそれらは発生しているものなので、
一旦立ち止まって軌道修正を。
その先に得られる結果の実入りがとても大きかったり、
なんていうこともあったりするので、
準備期間みたいな感じで思っているのが良さそうです。

また仲間からの要求がときに「無謀」なんじゃないか、
と感じる事があったりすることも。
状況を見極めて、本当に駄目かどうかを判断してみて。
実はそれはこれから「必要」だからこそだったりして、
実は「思ったほど無茶ぶりじゃなかった」なんていうことも。
案ずるより産むが易し、なんていう諺通りになりそうです。


■12月生まれ
「コミュニケーション構築こそ自分を育てる鍵」

もやもやしていて、行き先が見えなかったものが、
会話によって計画を見直してみたり、
実は自分を育てるためのキッカケになったり、
他者とのコミュニケーションが「閃き」の鍵になりそう。

普段あまり会話をしない方と会話をしてみるとか、
実は自分が思っていたような人ではなかったとか、
喋ってみたら「おもったよりいい人だった」とか、
人と人の関係も変化がありそうです。

交流関係に幅を持たせてみると、
意外な広がりを見せることも。
また誰かを教える側になったりもして、
今まで以上に対人関係が濃密になりそうです。

人に教えられるということは、自分の知識の見直しにもなるので、
チャレンジしてみると案外メンターやってみたいなんていう、
新しい境地に至ってしまうようなこともあるかもしれません。


スポンサーリンク

Tag:占い