第39回FFXIVプロデューサーレターLIVE まとめ

39PLL1.png

2017年9月29日。
第39回プロデューサーレターライブがありました。
一ヶ月に二回もPLLあるとかって、個人的にちょっと不思議な感じ。
先のPLLは14時間放送のときでしたし。
ただ前回のPLLから、今回は色々と内容濃いんだろうなーって思ってたら、とっても濃かったです。

今回もまた大雑把ですが纏めてみました。
聞き間違いがあるかとは思いますが、そこはご容赦を願いたく。

10月10日(火曜日)公開予定
新しいハウジングエリア「シロガネ」があるので、早く終わっても19時にサーバーを開ける予定。

◆おさらい◆

39PLL2.png
39PLL3.png
39PLL4.png
39PLL5.png

◆ウズネアカナルアップデート◆
ウズネアカナルでは深層に行くための地図がドロップ。
地図は水中に場所があって、魔紋は100%開く。
扉は3種類。
宝箱を開けると「強欲の罠」というものが発生。最大5回挑戦。
5回挑戦すると一人あたり数百万ギル。
出現する敵は強めなので、8人PTで行くことをオススメ。


◆冒険者小隊 攻略任務◆

自分を含んだ4人構成でIDに挑む。
AIタイプみたいなものがある。
熟練度がアップしていくとバフが付与。
作戦は最初は自由しかない。
ミラプリができるようになる。
光の戦士ほど小隊のみんな強くない。
小隊コンテンツには専用アクションがある。
アムダプールみたいにプレイヤーが飲み込まれるようなIDは対応ができない。
LBは3人で放つ小隊専用のものがある。
トライ制限はない。ただ経験値効率は落としてある。
訓練とあわせて遊んでもらいたい。
冒険者小隊の報酬の一部にはエモートがあります。
スクワットや腹筋、腕立て伏せ等。
作戦の熟練度も個人差がある。
いくつかのIDを試して、そこからフィードバックをください。

◆ジョブ調整◆

戦士、竜騎士、忍者、機工士、召喚、学者に調整が入ります。

戦士:
スチールサイクロンのHP効果量足りなかったんで増加。
フェルグリーヴ・デシメート・原初の解放が置き換えアクションになる。
シェイクオフ:PTを守る能力が他の2タンクと比べると劣ってると言われている。
まるで効果が変わった。最大HPにたいする割合バリアを全員にかけます。
スリル・オブ・バトル、原初の魂、ヴィンジェンス、原初の直感というステータスバフが付与されている場合、
これらをシェイクオフすると同時に1バフにつき4%効果が上乗せされる。
かなり強いので様子を見る。

竜騎士:調整項目が多い。
ヘヴィスラスト:効果を下げて、下げた分をほぼ全アクション上げた。
ヘヴィスラをミスった時にDPSが下がりにくい。
トップギアが入るまで遅いので、ドラゴンアイの最大スタック数を3にした。
その分回転率が上がった。

忍者:
土遁に毒刃と毒刃Ⅱが適用されていた不具合を修正。
土遁の威力を微上昇。
縮地でしゅっと移動できる。消えてるときはモンクの羅刹とほぼ同じ。

巴術士:リカバリーしやすくした。
ペットの消費MPを下げる。召喚には3秒。

召喚:使用感がかなり変わる。
トライバインドがバインドが発生しない代わりに範囲化。
トランスバハムート時には威力が100。キャスト時の威力が上がる。
ルインガはトランスバハムート中詠唱なし。
ルインジャはルインラからの置き換え。詠唱時間なし。
エーテルパクトはペットを中心としたパーティー範囲バフに。
ルインマスタリーが変わる。
バハムートが全員のオプションにバハムートのサイズ調整の設定ができた。
見る側で設定できるようになった。

学者:燃費を良くしてバリア効果UP。
鼓舞の消費MPが下がる。
士気高揚のMPもさがる。
士気高揚の回復量に対するバリアの割合が150%になる。

巴術士、召喚士、学者はサスティンが戻る。

機工士:
オートタレット・ルーク/オートタレット・ビショップのハイパーチャージ時の効果量アップ。

キャスターのロールアクションに調整。
アドル、マナシフト、アポカタシスのリキャスト短縮。
堅実魔、効果時間5秒詠唱妨害されない。
一部を除く、ノックバックや引き寄せを無効化。

細かい数字などはパッチノートなど確認して欲しい。
フィードバックを寄せて欲しい。

◆極神竜討滅戦

実機紹介有り。
4足着地のためにモデル調整されている。
N神竜と結構違う。
元々は極スサノオ、極ラクシュミより格段に難しい。
オメガ編デルタ零式の2-3層の間くらいの難易度。
変わったDPSチェック、ヒールチェック(?)がある。
やっていただければ分かる。
とにかく中盤以降、演出も含めて楽しみにしてほしい。
報酬は武器。三層で詰まってる人あたりは是非武器をとってほしい。

◆楽器演奏

実装はPatch4.15に延期になった。
サーバーの通信ラグがあると音がずれる。
色んな音をまぜようかとなると、どうしても自分が綺麗に演奏してるのに、
相手の環境で綺麗に聞こえない場合がある。

実装担当者が対策を思いついて、
一定時間できたパケットをある程度まとめて譜面のように相手に送れるようになることで解決。
ライブストリームの配信みたいなことをやるような感じ。
せっかくなんでデバックをしっかりして、専用ホットバーを付けたい。
4.2までは待たせない。
実装されるのはハープ。
音階は3オクターブ分。#も存在してる。
楽器の音色に関しては、サウンドチームががんばってくれる。
新しい仕組みも作る。
モーションもそれに合わせて充実させていきたい。

音が鳴らせるようになりました。
これから少しずつ色んな機能を充実させたい。
最終的には「14の楽器演奏はどうなってんだ?」っていうふうになればいいな。
ただ現時点で物理的に合奏は無理。
0.3秒絶対あるんで、あわせようがない。
この先をPTを組んで合奏モードみたいなのを作ってやれるようにしたい。
マクロはあえて組めないようにしたい。
一生懸命練習して、拙くても演奏できたほうが味があっていいかなと。
あえてそうしてます。

リリース迄、もうしわけありませんがあと一ヶ月ぐらいお待ち下さい。
その分楽しめるようにします。


◆極神竜マウント◆
緑のオーラが出ている。
騎乗時は神竜戦後半BGMが流れる。


◆HUDアップデート◆

・バフ・デバフ情報
実機説明。
HUDレイアウトに「バフ・デバフステータス情報」が追加。
個別HUD設定がある。
押すと別窓が開くんで「3つのHUDに分割して表示する」にすると、
「バフ」「デバフ」「その他のバフ」に分割できる。
かなり細かい設定が出来る。

・敵のターゲット情報
個別HUD設定ができる。
3分割できる(「HPバー」「キャストバー」「敵のバフ・デバフ」)。
Patch朗読会で詳しく説明したい。

・ジョブHUDシンプルモードに切り替える
シンプルモードに切り替える事ができる。

・アクションリストが見やすくなる。
・詩人/機工士のバフがジョブゲージに移動

◆引越機能◆

引っ越したい土地のサインボードにアクセスすると、
購入するオーナーを選択できる。
土地を購入すると、引っ越しが選択肢として出る。
引越を押すと、「引越を実行します。本当によろしいですか?」と出るので、
「はい」を押すと引越し完了。
チョコボ厩舎やプライベート・エーテライトは倉庫に入らないため、家の外に強制移動。
設置済み家具リストに「倉庫」が追加される。
そこから取り出して調度品を再設置できる。
倉庫はLサイズで400個。
倉庫は個人ハウスやアパルトメントにもついてくる。
撤去すると消えない家具も、消えないように順次対応中。
新家具類も増えてます。

・シロガネは最初から泳げますが、他3拠点のハウジングエリアも泳げるようになります。
シロガネの浜辺では、砂風呂に入れる場所も(ちゃんと埋まるようになっている)。



◆ライバルウィングズ(48人PvP)◆

リリースはPatch4.15

・PvPはフィースト、フロントライン、
ライバルウィングスの三種類で行く。
・フロントラインはルールが多いので、
4.2以降は色んなルールをマッチングして行く予定。

◆絶バハムート討滅戦◆

突入条件はILは340、オメガデルタ編零式4層クリア。
コンプリート後に手伝いに行っても宝箱は減らない。
クリアすると好きなジョブの武器と交換できるトークンがもらえる。
報酬武器はILとサブステータスが源氏装備と同じで確定穴が一つ多い。
実装はPatch4.11(仮)。
4.1リリースの約2週間後。
ゆっくりプレイしてもらいたい。

◆リターン・トゥ・イヴァリース◆

・何かを探しにここにやってくる。
・赤チョコボがいる。発注にはなかったけど、皆好きなので勝手に作って入れたら、
松野さんも喜んでくれた。
・新ギミックばかり。チキンになったり。
・雨宮慶太氏のデザインしたモンスターの作成のお話。


◆その他アップデート◆

・マテリア回収
ついているマテリアを一個ずつ外せるが、錬成可能になっていれば誰でも可能。
最後に付けたマテリアから外せる。
確率が絡んでくる。
マテリガまでは100%。
マテリジャは80%、ハイマテリジャは40%。

・分解の適正レベルが表示されるようになる。
・コウジン族のクエストはバトル系。レベル63解放でレベルアジャスト機能がある。
マウントやなりきりセットもある。

・ヒルディブランドは予告編では底まで暴れない。
・お得意様取引コンテンツのリセット日が火曜日17時に変更。
・ベンチャースクリップがカレンシーに。




感想:纏めるのがすごい大変だった・・・!
上手くまとめきれてない感もかなりある感じですが、反省は次の機会に活かしたいと思います。

スポンサーリンク

Tag:PLL

0 Comments

Post a comment