新生と蒼天と紅蓮と。変わりゆくエオルゼア。

fukki.png

吉田P/Dが言ってたけれど、
「紅蓮のリベレーターは休止者が戻ってくるPatch」
であると。

ある日LSのほうで、いつも仲良くしていた方が二年半ぶりにひょっこりと戻ってきて、
良い意味で大騒ぎしてきました。

そんな中、二年半ぶりの再会に皆して押しかけに行ったんですが・・・

「君がいない間にエオルゼアも良いところになったよ」

なんて、バスも走らないような田舎に新幹線がやってきましたみたいな口調で語りだす人がいて、
ツッコミが入ったりしたわけなんですが、実際色々変わって来てるんですよね、エオルゼア。

というわけで今回、蒼天で実装した事、紅蓮で実装したことと、大きく変わったところがいくつか有ります。
復帰された方が何名かフレンドさんに居たのですが、
自分なりに説明していて「新生では無かった物」的な所をピックアップしようと思います。


新生Patchで休止された方が私のフレンドさんでは一番多かったかな。
大体大迷宮バハムート真成実装あたりくらい?

そこから蒼天のイシュガルドが実装されて、竜詩戦争が終わる頃のお話のPatchがあたりで、
戻ってきたフレンドさんに説明した実装された事を色々ピックアップしていったわけなんですが・・・

ffxiv_20170817_205301.png

①グループポーズ。

復帰してきた方に真っ先にお勧めしてるのが「グループポーズ機能」。
これだけでもたっぷり遊べます。
というかこれ本当に良い機能です。

グループポーズはチャットで「/grouppose」もしくは「/gpose」で発動。
アクションリストからでも出来るようになってるんでこっちでも良さそう?

カメラ設定機能は、

キーボード:「R」もしくは「テンキー:*」
ゲームパッド:「X(□)ボタン」

です。

グループポーズではちょっとしたフィルター機能もあるので、
「パソコンは持ってないし」とか「Photoshopはちょっと」なんて言う人でも、
お手軽に画像に変化をつけられる素晴らしい機能です。

そして、景観カメラモード。
スクリーンセーバー感覚で楽しめるモード。
「/icam」で発動できるのでコチラもお忘れなく。

ffxiv_20170719_171654.png
②Lv制限解除。

新生で苦戦したあの極タコが倒すまでに3分もかからないと、驚かれました。
さらには少ない人数で戦えること、薙ぎ払えてしまったことに受けた衝撃は大きかった模様。

「バハムートだけは手を出しちゃなんねぇ」
「バハムート怖い!」

とか思ってたっていう人ですら、
Lv制限解除でバハムートをなぎ倒していくのは結構新鮮だったんじゃないかと。

③サーバー間パーティー募集機能

新生の頃は、レイドに行くにもパーティーが組めないで困っている人が、
人が多いサーバーに移動を検討する・・・何ていう話をちらほら聞きましたが、
そういったものがこれである程度解消してしまったこと。
初めてサーバー間パーティー募集が実装した時のインパクトは今でも覚えています。

ffxiv_20170914_153802.png
④オーケストリオン

楽譜を集めたら、部屋のBGMを任意のものに変えられること。
店売り、討滅、ID、入手方法は色々。
最近になって小さなオーケストリオンも作れるようになったので、
ハウジングのレイアウトに拘る人には楽しみが広がったかも。

蒼天の空
⑤空が飛べて、海に潜れるようになること。

空を飛ぶには「蒼天のイシュガルド」のエリアに入ってから。
海に潜るには「紅蓮のリベレーター」でのエリアに行けるようになってから。
という前提が付いてきますが、話題になりました。
海に潜る・・・は空を飛ぶ時とは違ったリアクションがあったんですよ。
それは「水着」。
とあるLv63IDでドロップする水着が話題に上がってました。

他にも特殊なゲージ表示ができたり、新ジョブが来たり、無くなってしまったスキルがあったりしますが、個人的に思い浮かぶのはこのあたり。
でもって、純粋に戻ってきた人が新しいことに触れて、楽しんでる姿をみると、こちらも伝えることができたり、教えられることが増えたりしてて良かったなあって思います。

スポンサーリンク

Tag:復帰

0 Comments

Post a comment