クガネのお宿に行こう。

gekka Lunako

紅蓮が実装して、メインもクリアーをして、
昨夜はギャザラー二種、採掘と園芸がLv70になりました。
あとはクラフターと漁師、がんばって上げてしまおうと思います。

今日のSSのTOPはドヤ顔の侍ルナコさん。
この構図が最近お気に入りみたいです。


ffxiv_20170622_020837.png

クガネに到達してからは、その街の美しさに見惚れることがとても多いです。
紅蓮実装前は「これ日本風じゃないやんけー!」とか、身内して言ってたんですよね。

琉球っぽい、とか・・・
千と●尋の神隠しやー、とか・・・

ところがどっこい、実装後は皆で「たまらん」と華麗に掌返しな評価となっております。

さて、そんなクガネですが・・・
冒険者向けにお宿があるので、訪ねてみました。

ffxiv_20170622_021737.png

お店の前のお姉さんにまずは「お世話になります!」と挨拶。
従業員の方からして、着物姿なので雰囲気出てますよねー・・・!

さぁ、宿のお部屋を拝見~・・・。

ffxiv_20170622_021824.png

そこにあったのは、特上のお部屋でした・・・。
三国+イシュガルドの宿に見慣れてる私は衝撃の光景。
極上宿やん・・・。

ベッドすら、畳のベッド。
床も畳。
さらには和風の家具・・・。

そして、特筆すべきは「窓」。

ffxiv_20170622_021835.png

三国やイシュガルドのエオルゼアの宿では、
宿の部屋の窓から外を見ることはできなかったのに・・・
ここにある宿は外を見ることが出来ます・・・!

開放感凄い。

近づいてみると・・・。

ffxiv_20170622_021901.png

外の光景が美しい・・・。
砂庭式枯山水・・・。
そう、こういう窓から見える景色が欲しかった・・・・!

締めっぱの窓とか、窓の向こう側が見えないって、
閉鎖感出ちゃうんですよねー・・・。

ffxiv_20170622_021955.png

天井照明や屋内装飾も、雅ですね・・・。
っていうかすごい・・・。
力の入り具合が、違う・・・。

他にも家具の一つ一つをとっても、
煙管があったり、屋内装飾としての甲冑が飾ってあったり、
作りがびっくりするほど作りが丁寧。

出てくるお料理とか、イメージしたりしてたんですけれど、
海の幸たっぷりのゴージャスなお料理とか出てきそう(ハラヘッタ)。
リアルゼアに戻る時、ぜひ一回でもクガネのお宿に宿泊することをオススメしたいと思います。




三国(グリダニア、ウルダハ、リムサ)は、
酒場兼宿みたいな感じで、
セルフサービス。
「冒険する者が寝泊まりするためにある宿」という色が強いなあと個人的には思っていました。

イシュガルドは戦時下というのもあるせいか、
本当に雨風を防げる天上がある場所、
野宿は避けたい旅人向けって言う感じがしてたんですよね。
屋内も全体的に暗いですし・・・。

クガネのお宿は、
疲れた冒険者を癒やす目的での「宿」っていうイメージ。
直ぐ側には大きな浴場もあるし、
「宿」として特化したエリアになってるのは見どころかも。

クガネエリアは、ほんとうに良く出来てると思います。
宿だけでも、力の入れようがすごいですし。
他の地域も時間をかけてもう少し散策してみたい場所が多い・・・

クガネ、やばすぎ。


スポンサーリンク

Tag:クガネ

0 Comments

Post a comment