内装を考える。

ffxiv_20160113_210346.png
思索を放棄することは、精神における破産宣告だ。
アルベルト・シュヴァイツァー(ドイツ出身のアルザス人で、ドイツ系の神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者)


ログインしてから・・・
私はずっと考えていた。
焚き火にサイちゃんの亀が回転しながら、突撃するのを見つつ・・・

「部屋の内装をそろそろ・・・」

正直、上限数との戦いになりつつあるとか、バランスが悪くなるとか、パーティーションの関係で区切りが・・・とか、そういったのが諸々と悩ましい。

ffxiv_20160113_213727.png

割と理論的に置かれているルナコ部屋をサイちゃんとガン見しにいく。
ルナコさんにいろいろ秘訣を聞くんだけど、タブン頭の中身の構造が違うので、似たように出来そうにない・・・
これもまたセンスだよね。

分の部屋の構想も練り練り。
ほんとーにうまくいかない。
そして消えていく財布の中身・・・(ノ∀`)

とりあえず、寂しいのでメイド(飯屋)を雇い、さらにピンクっぽい部屋の配置にすべきかなあ・・・
とか、ちょっと考えてしまった。

ちなみにうちはメンバーには全員マスターのルナコさんのお手製でピンクに染められたリテイナーベルが配られる。
やっぱりピンクハウスの住人たるもの、ちょっと意識すべきかしらんね?
とりあえず、絨毯とか時計とか壁紙とかも染められるようになりませんかのぅ・・・。
あと特殊染料(金とか銀とか)も使えるといいのになー!
銀色のカーくんの時計とかあったらちょっと面白そう。

ffxiv_20160114_031657.png

Tag:ハウジング