初心者の館に思うこと。

ffxiv_20160304_112609.png

今更になりますが、初心者の館をレポートしたいと思います。
といっても、初心者の館をクリアしてから日数は一週間以上経過しているのですが・・・
脳内で色々言葉を整頓したかったのです。

ffxiv_20160304_111325.png

初心者の館の中はこんな感じ。
全体的にこぢんまりしています。
初めて入った人がそれぞれ目につきやすいように・・・の配慮なのかなーと思います。

ffxiv_20160304_121216.png

初心者の館を「タンク」「DPS」「ヒラ」でクリアしていくと、それぞれLv17装備ですが、少しずつ装備が貰えます。
初心者の館の訓練中はLv15にシンクされるわけですが、それぞれの初歩の初動を教えてもらえます。
「範囲を避けよう」とか「敵の増援への対処」や「遠距離から敵視を集めよう」とか。

ffxiv_20160224_141025.png

クリアすると、タンク、DPS、ヒラでそれぞれ装備が貰えます。
でも多分一番の目玉は・・・

ffxiv_20160304_115414.png

この指輪。
この指輪だけでも、すっごい価値あるとおもいます。
Lv30以下迄、+30%の経験値増量効果とそれぞれメインステータス+3ずつの効果。


ココでもらえる装備は、レア属性ですが、愛蔵品キャビネットに入らないこと、さらには背景にカラーがついていないので、間違って売り飛ばす可能性が出てしまいます(2016年3月4日現在)。
・・・ちなみに私はタンクのビギナーの手装備を誤って売り飛ばしてしまいました(ノ∀`)

他にも、こういうものがあります。

ffxiv_20160304_120354.png

初心者の書。
簡単なマクロとかの解説や、ゲーム内用語とかですね。
あまりぞろぞろ書かれているというわけではないのと、わからない言葉はメンターに聞いてみましょう!
って書いてあったりしました。

ほんとのベースのベースのあたりが学べると思う場所です。
ただここでも学べないところがいくつかあって、実際のパーティープレイでのこと。

例えば「ヘイトゲージ」の見方とか、「フォーカスターゲット」とか大事なこと教えてくれなかったりします。
他にも細かいこと・・・ジョブごとの特性の違い、パーティープレーで大事なことナドナド。
このあたりはメンターにおまかせなのかなぁ~とか思ったりしました。
でも、要請によっては、今後初心者の館の訓練内容も充実するのでは・・・?
と密かに期待したりしています。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2016年プリンセスデー・三国漫遊記

ffxiv_20160301_093342.png


2016年プリンセスデー。
いつものように、三国を巡回してきました。
桜が咲いて春めかしいですね。
リアルでは「桃の節句」がひな祭りなんだけど、
エオルゼアでは「桜」と「プリンセスデー」という感じになっていますね。
ウルダハのソーン朝が約300年前のヒューラン族の王朝で、
日本の桃の節句と似たようなお祭りがあるわけで、
そういったルーツを考えるとドマの国(あるいは「ひんがしの国」)と交流があったりして?
なんてイメージしたりするのがとても楽しいです。

ではまず、お出かけ先を・・・

ffxiv_20160301_082808_R_R.png

こちらはリムサ・ロミンサのいつものイベント広場。
空の色と桜の配色がすごい春らしく感じます。

今回はリムサ・ロミンサのレストラン「ビスマルク」もプリンセスデーに忙しいのか、色々装飾が変わっていました。

ffxiv_20160301_083003_R.png

お団子焼いてます^^
みたらし団子かな? 三色団子も調理されているのを確認しました。

だけど、それ以外にも・・・

ffxiv_20160301_082931_R.png

・・・・。
すごいシュールです・・・。
ちなみに、カウンターの上にもありました。
小鳥が何を思ってるのか、想像を掻き立てられます。

ffxiv_20160301_083011_R.png

続いて、グリダニアです。
こちらは割と閑静な感じがしました。
お花見の雰囲気スポットとしては、ロケーションが最高なのでは?
まずは音楽堂。

ffxiv_20160301_083146_R.png

続いて、アプカルの滝付近。
水の音と桜の花びらと、凄く癒やされる空間です。
近くにベンチもあるしお喋りしにくるにもいいかもですねー。

ffxiv_20160301_083314_R_R.png

続いて、イベントの舞台、ウルダハ。
こちらは今回のプリンセスデーのイベント会場ですが、
他と比べるとイベントメイン会場ということもあって、にぎやかですね。

ffxiv_20160301_072423.png

アイドルの衣装が変わっていました。

utahime.png

セーラー→シルバリーヒーラータブレット→姫君水干(今回のイベントの配布物)になったみたい(2016年3月1日現在の状態)。
これからも変わるのかな?
一人ずつ服飾が変わっていく変化方式っていうのが特徴ですね。
なんだか色合い的にプ○キュアっぽい。
エレゼンとルガのアイドルもいてほしかったなーと個人的には思います。

ffxiv_20160301_073128_R.png

ウルダハのイベント会場付近。
執事王さんが直ぐ側にいます。
ここには毎回イベント限定のNPCがいて、イベントでの扱いの限定品を売買してる場所です。

ffxiv_20160301_073246_R_R.png

ゴールドコート。
不思議と統一性があって、砂漠の都に桜が咲いたら・・・っていうのはこんな感じなんだなーって思いました。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

セフィロトとか律動編とか。

ffxiv_20160227_185738.png

3月も間近になって、季節が随分春めいてきました。
今年の冬は温暖の差が激しくて大変だった感じがします。

さて、FF14では、各地にはシーズナルイベントがやってきて桜の花が開花しています。
昨夜はルナコさんの「譜面」関係のアチーブを貰いに、
グリダニア旧市街地のアプカルの滝付近に居るジョナサスさんのもとに行ったわけですが、
いい感じで桜が舞い散ってて、とても綺麗でした。
「譜面」10個でもらえる「プレリュード」はFinal Fantasyを代表する曲。
それがもらえるのは嬉しいですねー。
うちのFCの居間でもよく流れています。
といっても、うちのFCの居間はどっちかっていうと、お茶の間のお昼の番組でも流れてそうな感じの雰囲気なんだけどね。

で、昨夜はというと・・・
ffxiv_20160227_194334.png

真セフィロトに初挑戦。
ルナコさんに「リスさんはタコ戦大好きだから、タブン大好きなボスだと思うよ~」
とか言われたんだけど、クリアしてからの感想は「凄く好きです」の一言でした。
落ちる系のボスなんだけど、かつての真タコほど苦戦しないイメージ。
ギミックも色々懐かしい感じ。
散開んとき一回失敗してアボンしたけど、あとは普通にクリアできました。
エルさんが「なんでやねーん!」とか下から悲鳴あげてたけど、聞こえない聞こえない。

セフィロトってエヴァとかでも一躍有名になったわけだけど、やっぱり神秘的な響きありますね。
「生命の樹」って言う意味合いがあるそうですが(細かいうんちくはおいておいて)、
そういう「生命」のフレーズにふさわしいエフェクトがあったりして、感動しました。
枝葉がにょーんって生えてきたり、草がみょーんって生えてきたり。
草木が生えてきて茂る姿って、生命力を感じさせますよね~。

BGMもFF6の曲が前半戦で、後半戦はがらっと曲調変わってかっこよかった。
戦いのBGMに歌が入るっていう演出が大好きな私は大喜びです。

ffxiv_20160227_211222.png

アレキサンダー律動編Normalは1と2をクリアしてきました。
前回同様世界観はスチームパンク。
痛い攻撃が来たりするので、このタイミング覚えなきゃっていうのあったりもしたけど、
とっても楽しかったです。

1層はゴリになったり鳥になったりで、賑やかでした。
ねろあんししょーの華麗なるゴリさばきが素晴らしくて、目を奪われました!
ゴリになって爆弾跳ね飛ばすって、シュールで笑えるね。

2層は分身したので、参加者の皆して「おおおおぉお!」とかってなってました。
ギミックはちょっと忙しくなるけど、こっちはこっちで楽しい。
4種類のボスをそれぞれ撃破していくんだけど、ちょっと運動会じみてる感じがするね。

3層4層も楽しみです!

その後はあるちゃんのアレキサンダー起動編ノーマルを1~4層、怒涛の勢いで攻略。
しろちゃんの瞬間沸騰してるヤカン・ネクサスが「ピ~~~!」って唸りを上げてましたw

ヤカン・ネクサスが「ティ○ァールの新製品」とかいう言葉が飛び交ってたんだけど、
ゲロルド製品ってもしかしたらエオルゼアの高級調理器具にもなりうるのかもしれないね。
瞬間沸騰するヤカンとか、エオルゼアの調理人や主婦諸々に大好評になりそうな気がするんだ。
ホテルビスマルク御用達とかね。
そう思うと、ロウェナさんがゲロルドと別れても監視下に置いてるとか、
ロウェナさんの辣腕経営ぶりが凄く分かるっていうか。

パッチ3.2は遊び心がすごいたくさんのパッチだな~って思いました。
こういうネタ武器どんどん実装しないかなー。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

メンターシステムに思うこと。

ffxiv_20160218_065502.png

3.2に向けての準備・・・。
私の場合だと

「終わらない」

・・・以上。

昨夜ルナコさんに聞いたんですよ。

「3.2の準備とかってしてる?」

ルナコさんはストレートに言いました。

「そんなの永遠に終わるわけ無いでしょ!w」

よくパッチ前になると、パッチ前迄ほかのゲームで遊んでる~とか、ログインしてくる人が減った~なんていう話が流れてきますが、うちのFCは昔っからそういうの少なくて、もっぱらIN率が減るのは「リアル事情が忙しい場合」だったりします。

パッチ前もパッチ後も、ずーっと毎日変わらないんですよね、不思議と。

「次のパッチに向けて畑で金目の物育てておかなきゃ」とか「~~さんの終わってないアチーブ埋めるの行こうよ」とか「トレハン!」とか、なにかやることを片っ端からやっていく・・・そんな感じです。
例えるなら「終わらない宿題」。
わんこそばみたいに、つぎつぎとお代わりがお椀に入れられるとか、そういう状態です。

ffxiv_20160207_231744.png

そんな3.2までに向けてのこと。
実は先週のヴォイドアークにてなのですが・・・いつものみんなでPTを組み、足りない分の人数はCFで補完して行くというチーム編成でした。

うちらエルおぢさん、ルナコさん、私はAアライアンス。
エルおぢさんタンクだったんだけど、ルナコさんにいろいろ誘導先を教わりながらやるってかんじで、いい感じでやってたんですが・・・。

Bアライアンスのタンクさんが慣れていない・・・更には、ラスボスのエキドナ戦で全滅を繰り返す。
Bアライアンスのタンクさんがエモートで土下座。
誰も何も言わない・・・。
Bアライアンス、誰も教えないみたい・・・見ていてちょっと切なくなってきました。
他にも慣れていない人達の多い感じがしたのですが、二回目全滅をした時ギブアップ投票。
エルおぢちゃんが「激おこ」になってて、

「あとちょっとでいけるんや、だれやギブなんぞしてる!! いいえに決まってる!」

ルナコさんも、

「誰も教えないんだろうか・・・」

なんて、ハラハラ。

エルおぢちゃんは凹んでる仲間を励ますムードメーカーで、ルナコさんは皆の先生をいつもしていて、
どっちも面倒見が良いので、Bアラタンクさんを、すごい心配そうにしてたんですね。

三人して「教えたほうが良いんじゃ?」「いや、様子を見よう」って言う感じになり、そのままなんとかクリアはできたのですが、
いろいろ考えさせられました。

3.2で実装されるメンターシステムがこういったものを解消してくれるキッカケになると良いなとは思うのですが、次々公表される実装内容に一抹の不安を覚えないでもないのでした。

ffxiv_20160211_173444.png

認定をアチーブ達成のみのNPCがする認定にしちゃっていいの?

大きな不安の一つとして、思ったことがこれ。

「メンターになるためには、特定アチーブメントの達成と、各地にいるNPC“冒険者指導教官”による認定が必要です」

特定のアチーブメントとは・・・
≪メンターになるための条件≫
メンターになるためには、特定アチーブメントの達成と、各地にいるNPC“冒険者指導教官”による認定が必要です。 特定アチーブメントは「バトル用アチーブメント」と「ギャザラー/クラフター用アチーブメント」があり、どちらか片方をすべて満たしている必要があります。

バトル用アチーブメント取得条件
・タンク/ヒーラー/DPSそれぞれのロールで1ジョブ以上でレベル60のジョブクエストをコンプリートしていること
・ダンジョン/討伐・討滅戦をトータルして1000回以上クリアしていること
・MIPを計300回以上獲得していること

ギャザラー/クラフター用アチーブメント取得条件
・ギャザラー/クラフターそれぞれ1クラス以上がレベル60に到達していること
・蒐集品を100回以上製作していること
・蒐集品を300回以上採集していること

-引用元Final Fantasy XIV 初心者の館/メンターシステムより-

確かに知識面ならば、補えるほどの経験は積んでることになるとおもいます。
だけど、メンターになる上で性格面を視野に入れなくて大丈夫? と。

性格って人それぞれで違います。
十人十色です。
性格的な問題でメンターをするのだとしたら、すでに現在初心者支援は率先して行っている人は大勢いますし、自然と周囲に教えたりする存在になっていたりすると思うんですよねえ。
人を教えるって、本当に大変なんですね。
自分はリアルで高齢の方にPCを教えるなんていうことをしていたときがあるんですが、なぜ出来ないのか?っていうのを親身になって考えないといけないわけで、それが少しでも違った方向に行ってしまうと、教わる側の価値観とか根底からひっくり返っちゃうと思うんです。

そうした大事なメンターを、NPC任せのアチーブの認定に止めちゃっていいの・・・?と。

もう一つは、メンターシステムに報酬をつけたこと。
なお、「コンテンツルーレット:メンター」を規定回数コンプリートすると、アチーブメント報酬が得られる特別なアチーブメントが獲得できます。
※アチーブメント報酬は、今後のアップデートで追加予定です。
- 引用元Final  Fantasy XIV 初心者の館/メンターシステムより-

正直これは必要なかったと思います。
メンターってなんでしょうね・・・?ってちょっと考えてしまったんですね。
初見さんと一緒に未踏破攻略に行く方が、初見者さんと一緒にクリア出来た時、一緒にクリア出来た喜びを味わえることと、その人の喜ぶ姿が最大のご褒美じゃないかって私は思います。
それを何かの形にしてしまった時、ボランティア的システムと言われる「メンターシステム」が純粋な善意ではなくなってしまうと思ってしまったのです。
初心者さんを交流しやすく出来るチャットに入れて上げやすくすることとか、それはすごく画期的だなって思ったりもした分、すごく不安がこの二点で出来上がってしまったんですね。

吉田P、Ultima Onlineユーザーだったそうですが、実はUltima Onlineにもボランティアスタッフはシステムとしてありました。
しかし、FF14とは違いUltima Onlineの場合、運営が一般ユーザーから「無報酬」で活動してくれるボランティアスタッフを募集して行われていました。
そういった初心者をフォローしやすくするためのシステムは、ある程度の研修を受け、ある一定の権限を受けたボランティアスタッフが使うものとして運用されていたんですね。
それを逆手に取った「ボランティアフェア」なんていうイベントまであったくらいで・・・。

まだ実装されていないメンターシステムですが、どうか悪い方向に流れず、プラスに運用されるように、1ユーザーとして今からすごく思い願うことだったりします。続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

双剣士始めました。

ffxiv_20160211_195528.png

というわけで、双剣士はじめました。
2月16日の時点でLv20まで上がっています。
実装したのが2.4パッチで2014年10月28日なのですが、その時の私はまだ手を付けてなかったジョブです。
ルナコさんが嬉々としてLvあげてたのは今でも覚えていて、忍者AFのくノ一のセクシーっぷりは話題になったなあ・・・。

ffxiv_20160211_194011.png

現在Lv20の私。
シナリオを進めてるわけですが、ストーリー、とっても魅力的ですね
演出もそうですが、気合入ってる気がします。
実装当時、巷で話題になった双剣士ギルドのマスター「ジャック」さん。
ルナコさんから「ジャック、かっこいいよー!」って教わってたんだけど、やばい!かっこいい!
ヴァ・ケビのビスマルク風エッグサンド食べて吊し上げられちゃってたけど、そういった演出を含めて、
キャラクターの個性付け成功してるNPCの一人だと思います。
個性の強いキャラとしては、オルシュファンやマンダヴィル一家は別格として、話題になってたのも頷けます。
なんとなくだけど、こういうノリのキャラって、SFC時代のFFシリーズにいたなあってちょっと思ったりしてるんですよね。
思い出したのがFF6にいたロックとか。
双剣っていうのもあるのかな?

ffxiv_20160215_225657.png

双剣士のライバルキャラ(?)の位置づけのララフェル。
イエロージャケットのミリララちゃん。
部下っぽいの連れてたし、双剣士ギルドの廃止を訴えるとか言ってました。
こんなに可愛い(ちょっと小生意気)のに、もしかしたら偉い肩書もってる人なのかなー・・・?
・・・なんてちょっと妄想したり。
ジャックさん、ミリララちゃん、双剣士ギルドの面々・・・キャラクターの個性が強いせいもあってか、
いろいろちょっと考察したくもなっちゃいますね。

これから双剣士を30まで目指すわけだけれど、シナリオを追いかけていくのがこれから楽しみだ。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログランキング参加中です。
記事気に入っていただけたらポチっとオネガイシマス。 にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ PCゲーム全般・攻略ブログ
スポンサードリンク
Flickr
Created with flickr badge.
最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
Tag Cloud

FF14
PLL モグモグ モグステーション 舞踊 ミラプリ アドレナリンラッシュTv ナイト シーズナル オシャレ 極いろはす グラスパンプキンイヤリング DD ハウジング ミニオン ディープダンジョン MGシリーズ チョコボ装甲 マウント アニマウェポン バレンティオン NPC 極ズルワーン 学者本 ギャザクラ グラボ GARO エステニャン 雑記 Patch3.5 タチコマ Patch前夜 色々 設定本 忘年会 何気ない日々。 チョコボレース 復帰者 新式 モグル・モグポスト 画像加工 地震 風邪 お試しロングヘアー メイドバード アレキサンダー クロちゃん マンダヴィル ウィルス注意喚起 Patch3.45 etc シーズナル守護天節 クルーズチェイサー 小隊 家具 軍服 エタバン 守護天節 ハロウィン Patch3.4 Patch4.0 ポンチョ エタバンの情報 極女神ソフィア 雑感 極ソフィア パッチ3.4前夜 釣り GC関連 トレハン パッチ3.4迄の道のり 大迷宮バハムート パッチ前準備 忍者クエスト カメラ機能 ニュー・サンクレッド・コスチュームセット ゴブリウォーカー 起動編零式 極ニーズヘッグ レプリカバハムートスレイヤー ジョブ 課金アイテム ゴールドソーサー パッチ3.38 ドレス ジタン服 セキュリティ トークン機器 イベント 戦隊ポーズ 真夏の撮影会 サーバー間交流 妖怪ウォッチ 機工士 コレクターズ・エディション Windows10 Photoshop 文字化け アクアポリス 死者の宮殿 コラボ ハウケタノーマル Patch3.35 マメタロウくんの大冒険 マメタロウの大冒険 クラフター マハの棺 内装 リムサ・ロミンサ おやつ 暗黒騎士 エーテライト 黒魔道士 Patch3.3 蛮族デイリー Patch3.2 Fate クァールレギナ 蒼天のイシュガルド発売 ロードオブヴァーミニオン トレジャーハント 新ミニオン 新装備 オールドローズ パッチ前日 モーグリ族 シナリオ 予想 マクロ エオルゼア文字 占星術 ララフェル 災害 ララフェル劇場 ID 50ルレ レベリングルレ エレゼン メイド 執事 コーディアル 庭具 飯テロ タンク 思い出 モンク ヤカン・ネクサス 診断メーカー 光の芸人 占星術師 日常 屋敷 チョコボ コスプレ アリス 双剣士 忍者 ギルドオーダー アチーブFate 一年前 相談室 ライフハック 初代でぶチョコボ エイプリルフール セブンイレブン モグモグ・ハウスウォール アラグの絶霊油 マメット 休日 プリンフロアランプ ズー・マウント グローリア号 エッグハント アミバ様 サガオケ! ゲーム音楽オーケストラ 若葉 メンター マーク ゴリラ 律動編ノーマル エターナルバンド ウィンドシルクコーティー 赤貨 2016年 三国主要都市 グナース族 蛮族クエスト 極ラーヴァナ 極蛮神 雲海探索 オーケストリオン 譜面 マウント・ズー ザ・フィースト 悠久の風 レプリカ・ハイアラガン 侵攻編 真成編 クレメンシー 楽譜 漁師 メンターシステム 初心者 FF14 プリンセスデー 真セフィロト 両手武器 マテリア 事件屋 クエスト ID雑感 攻略 まとめ アップデート 挑戦 アレキサンダー起動編 鳥人間コンテスト FCイベント 変則PT 初心者支援 いただきもの 双剣 バレンタイン ゲイラキトン ラベンダーベッド 剣術士 レターモーグリ パッチ3.2 探検手帳 ヴァレンティオン Update Windows7 チャット ミコッテ システム LSイベント 闇の世界 クリスタルタワー もこもこ CD